宅内Webページのセキュリティ向上へ

宅内のNASへの設定画面アクセスはhttp接続のため、セキュリティ向上に向け調べてみたところ「LAN内のWebページに自己署名証明書でHTTPS接続を可能にする」のサイトに行きつきました。
NASをサーバー起動していてオレオレ証明書で対処しているとのことですが、そこまで大規模に使用しているわけではないため、まだ模索中です。

スポンサーサイト



Dockerファイルの取り扱い

NASに色々Docker環境を構築しているのですが、Dockerfileとdocker-compose.yamlファイルの役割の違いがいまいちわかりませんでした。
ちょうど「Dockerfileとdocker-compose.yamlファイルの役割の違い」との説明があり、わかったような気になっているのですが、Web上の情報でDockerfileのことしか説明していないこともあるのですが、なんとマリウスさんのサイトで「Docker Run を Docker Compose に変換する」との情報がありました。
これでPorttainer上で色々試せそうです。

QNAPのPCIeは色々使えるらしい

QNAPでは、PCIeを搭載している機種があり、我が家にも該当するNASが3台あります。
純正パーツは非常に高く活用することはないと思っていたのですが、色々な情報から一部制限はあるらしいですが格安パーツでも動くようです。
2.5Gb LANに付いて概ね大丈夫そうですが、SSDについては格安パーツの場合キャッシュにしか使用できないようです。
また、取付ブラケットは一般のPC向けとは若干異なるようなのですが、youtubeで
「【QNAP TS-664 #2】メモリ増設、PCIeブラケットの加工とか」

という加工動画がありました。
見てるとなんか簡単にできるような気になってしまいますが、ちょっとチャレンジもしてみたくなってしまいます。

Porttainerのアップデートにめちゃくちゃ時間がかかった

以前「Porttainerのアップデートできた」との記事を掲載しましたが、マリウスさんのサイトでアップデートがされているとの情報があったため、NASの電源を入れっぱなしにしていたのですが、今回Porttainerのアップデートが見つかるのに72時間ぐらいかかりました。
他のサイトではそれほど時間がかかったようではないようなのですが、私の家の環境のせいでしょうか?

Porttainerのアップデートできた

以前「Porttainerのアップデートができなかった」にて、約12時間、正確には14時間経過しても[利用可能なアップデート] ボタンが表示されなかったのですが、24時間経過したらアップデート画面が出て無事アップデートできました。
動作確認については朝方にアップデートを行ったためちゃんと行いませんでしたが、仕事から帰ったらちゃんと行うこととしましょう。

更新通知登録ボタン

blogが更新された際、登録メールアドレスへ通知します。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

ぜひご登録ください。

検索フォーム

プロフィール

hpoco

Author:hpoco
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR