QNAPのPCIeは色々使えるらしい

QNAPでは、PCIeを搭載している機種があり、我が家にも該当するNASが3台あります。
純正パーツは非常に高く活用することはないと思っていたのですが、色々な情報から一部制限はあるらしいですが格安パーツでも動くようです。
2.5Gb LANに付いて概ね大丈夫そうですが、SSDについては格安パーツの場合キャッシュにしか使用できないようです。
また、取付ブラケットは一般のPC向けとは若干異なるようなのですが、youtubeで
「【QNAP TS-664 #2】メモリ増設、PCIeブラケットの加工とか」

という加工動画がありました。
見てるとなんか簡単にできるような気になってしまいますが、ちょっとチャレンジもしてみたくなってしまいます。

スポンサーサイト



QNAPのQsirchについて

QNAPとChatGPTの相互利活用!」にてQsirchに興味が出て色々調べ始めたのですが・・・
TS-251BにおけるQsirchの動作」にて、初回インデックス作成に約191時間もかかるとありました。
対象となる量にもよるのでしょうけど、ちょっと想定外です。
しかもインデックス再作成に約4時間43分かかり、電源を切ると次回電源投入後、インデックスを再確認するようで、再度約5時間ほどかかるそうです。
ちょっとこれでは導入に尻込みしてしまいます。

QNAPとChatGPTの相互利活用!

INTERNET Watchの清水理史の「イニシャルB」で「QNAPの全文検索「Qsirch」で、NAS内の文書をChatGPTのコンテキストとして利用する」との記事を見て震えました。
QNAPのNASは複数台所有しているのですが、Qsirchは全く使用していませんでした。
具体的な構築というよりは、QsirchのAPI連携に付いてアイディアが出されていましたが、多分これをスタートとして色々なものが構築されることを、技術のない私は期待している次第です。

QNAP TS-439ProⅡ+のメモリ増設をしてみた

今回QNAP NASで4ベイのTS-439ProⅡ+を入手しました。
標準では1GBメモリだったのですが、DDR3だったので手元のメモリと交換してみました。
4GBメモリにしたときは、Boot時にアクセスランプが赤くなって起動できませんでしたが、2GBメモリにしたところ正常に起動しました。
QNAP CRUBも使用できたためまだまだ活用できそうです。

未使用NASが隠れていた(汗)

年末掃除の際片付けを行っていたところ、購入したきり未利用のTS-451NASが見つかった。
確かメモリ増設する予定でメモリ購入を行ったけど、忙しがって放置してしまい、段ボール箱の一角に紛れ込んでしまっていたらしい。
HDDはあったので年始はNAS構築作業を行いましたが、RAID5の構築にめちゃくちゃ時間がかかりました。

更新通知登録ボタン

blogが更新された際、登録メールアドレスへ通知します。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

ぜひご登録ください。

検索フォーム

プロフィール

hpoco

Author:hpoco
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR