マイナンバーカードのトラブル再発防止とチェック体制の強化

マイナンバーカードのトラブルが色々報道されていますが、その際要約すると「再発防止とチェック体制の強化」というニュアンスの回答がされますが、どのように考えているのでしょうか?
昔テレビで水道だかガス管を曲げるパーツを、縦横ドリルで穴を開け、圧力に耐えれるかどうか確認をして出荷していたという工程を、鉄管を温めて曲げることにより、ドリルで穴をあけるという工程を省略することができ、また圧力にも強いものができたとの話があったような気がしましたが、間違いが発生しないような工程というのを国はちゃんと提示できるのでしょうか?
またチェック体制の強化という回答は、日本だとよく「人間が」チェックする回数を増やすというニュアンスの対応になりがちで、そもそも間違いが発生しないような内容を検討すべきではないでしょうか?

スポンサーサイト



GeForce 4050番台の話が出ているらしい

北森瓦版さんで「GeForce RTX 4050 Ti / 4050の価格とVRAM容量に関する噂」なる記事を見たとき、同サイトですでに掲載されていたような気がしたのですが、今度は4050番台の話とのこと。
値段比較では劇的に4060番台より下という訳ではないようですが、性能が低い分消費電力も低いとのことらしいです。
しばらく登場していませんでしたが75wクラスが出てこないでしょうか?

Docomoで繋がりづらい事例が最近多い(特にお昼)

通勤時のラジオで、最近ドコモが繋がりづらく、原因として
・都市部の再開発により、アンテナ移設が発生している。
・docomo以外が4G周波数帯を5G用に転用しているのに対し、ちょっと前まではdocomoは5Gの高速回線を活かせることにこだわって整備していた。
このことが他社は受信環境によってトラフィックを各周波数帯に分散できるのに対し、5Gが受信できないところで4Gにトラフフィックが集中してしまっている。
とか言っていました。
都心部でのような話でしたが、地方でも同じような感じですけど、理由は一緒なのでしょうか?

Radeon RX 7600のAMDリファレンスモデルで設計ミスがあったらしい

ニッチなPCゲーマーの環境構築Zさんサイトで「Radeon RX 7600リファレンスモデルに設計ミス。補助電源の8ピンコネクタが完全に刺さらない」なる記事を見かけました。
以前もNVIDIA電源コネクタトラブルがありましたが、今回は8ピンコネクタで物によってちゃんと刺さらないというものだったようです。
幸いAMDではこの情報を踏まえて、すべてのケーブルに対応したデザインで発売される予定だそうで、大事に至らずホット一息です。

pixel7aのロットによってバッテリー持ちが悪い不具合があるらしい

お昼にネットニュースを見ていたら、「Pixel 7a。一部個体にバッテリー関連の重大なバグが発生」なる記事を見かけてびっくり。
pixel6aのときもバッテリー持ちが悪く、ファームウェアアップデートで改善したことがありましたが、似たようなトラブルが毎回発生しているようで、少々心配になってしまいます。

FC2ブログのTwitter API V2対応が分かりづらい

Twitter APIの仕様変更により、FC2ブログの設定を変更しなければならなかったのですが、やり方がわかりませんでした。
ネームレスゼロさんのサイトで「[雑記]FC2ブログの新しい「Twitterとの連携」の図解付き備忘録。 Twitter API V2対応が面倒だった話」なる記事があり、その記事を見てなんとか対応できました。
でもTwitter API V2を使用するに当たり、英語で250文字以上の理由をなんで求めるのだろう?

マイナンバーカードトラブルは回避できたのではないのか

最近ニュースでマイナンバーカードの紐づけ誤りによるトラブルの話が色々出ていますが、そもそも国の方で、誤りの原因になる人間が関与しない方法を、可能な限り提示するべきではなかったのでしょうか?
ログアウトせずに続けて入力してしまった件では、私の職場のプリンターはカードをかざして印刷のように、マイナンバーカードを読み取ってログイン。
紐づける口座番号は、キャッシュカードをリーダーで読み込んで、キャッシュカードの暗証番号を入力して本人確認とするなどできなかったのでしょうか?
住民票のコンビニ発行トラブル以外は、人間が主に関与したようなトラブルであるため、先に述べたように人間が関与しない方法を構築&指示すべきだったのでしょうが、国のことだから、手順や構築は現場任せで確認は人間で、など指示していたんだろうな・・・

intelの次世代ディスクトップCPUリリースは大丈夫なのか?

北森瓦版さんで「“Meteor Lake-S”の6 P-core + 8 E-coreはキャンセルされた?」なる記事をみてかなり不安になりました。
なぜならPコアを削減しCore i5シリーズになるのかなど言われていたのし、そもそもキャンセルの可能性になってしまうとは・・・
ゲーミングノートPCはあったとしても、パワーを求める場合はディスクトップPCになってしまうと思うのですが、その辺は大丈夫なのでしょうか?

intelが64bitのみ対応のCPUを開発中?

ギャズログさんで「さらば32bit。Intelが64bitのみ対応するx86Sアーキテクチャーを開発中。」及びPC Watchでも「Intel、新「X86-S」アーキテクチャで8086互換を切り捨て」との記事を見て、新CPUはx86命令の上位互換を保つという伝統というか進化を辞めるという大転換を行うと感じました。
ただ私の場合古い人間のせいか、互換性を保てなかったCPUは失敗するというイメージが強く、(intel 64bit CPUの Itanium、CPUは素晴らしいのにバイナリの互換性のない6809→68000)凶と出るか吉と出るか。
昔と状況が異なるのはすでに64bitソフトが揃っていて、64bit環境下で32bitアプリを動作させるための「Compatibility Mode」は残すとしているので、使用者によってはほとんど影響がないのかもしれません。
あれ?だとするとwindowsが動くならarmでも良いってなってしまうな?

更新通知登録ボタン

blogが更新された際、登録メールアドレスへ通知します。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

ぜひご登録ください。

検索フォーム

プロフィール

hpoco

Author:hpoco
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR