スポンサーサイト



「業界標準の上手な作り方」に思わず納得

以前「intelが64bitのみ対応のCPUを開発中?」として記事を上げましたが、PC Watchにて「雑談2題~X86-Sのメリット、業界標準の上手な作り方」との関連ネタが有りました。
64bitのみにしてもOSブートぐらいしかメリットがないようなことが書かれていましたが、今どきのPCはUEFIを使用していて、これの元は確かintelがEFIとして策定したものだったはずです。
民主的に作業を開始するよりも、ちゃんと動作するモデルを寄贈して、それを叩き台として以後の拡張などを民主化するという方が「業界標準」として確固たる地位を手っ取り早く構築できる方法らしいです。
言われてみればAMD64(x64)なども当てはまりますな。

GIGAスクール端末が故障しまくっているらしい

PC Watchにて「想定以上に壊れる教育現場のGIGAスクール端末。修理契約せずに故障機が塩漬けのケースも」との記事を最初見たとき安物端末を使用したからかと思いましたが、どうも子供の想定外の使用による故障だそうです。
一番多いのは「落としてしまった」とのことですが、スロットに消しゴムを詰めてしまったり、取り出すのにシャープペンの先を使用してショートしてしまったりなど、なんか子供がやってしまいそうだと思わず納得。
またクラムシェルタイプより2in1タイプが好まれる関係で、接続部分が壊れやすいなど色々考えさせられますね。

Wi-Fi 7の話が出ている

自宅ではようやくWi-Fi 5のAterm WG2600HP3に切り替えたところなのですが、無線技術の進歩は早いです。
他国では今年の夏に、ドラフトWi-Fi 7として登場の可能性が高いそうですが、日本での導入は、320MHz幅に関する項目がネックになるらしく、仮にこの夏に登場しても機能制限のセミ ドラフトWi-Fi 7となってしまうようです。
まあ初物は高くて手が出ないのですが。

CATVインターネットで10Gbps提供しているところがある

知り合いネタ続きですが、新築住宅についてインターネット環境をどうするか相談を受けました。
最初はCATVインターネットより光回線を使用したほうが早いと説明したのですが、対象CATVを調べてみると10Gbpsサポートあり!
CATVによるTV視聴も視野に入れているとのことであるため、セット割引も使用できるためそちらのほうが月々の費用負担上有利ではないかと話しました。
しかし・・・CATVインターネットで10Gbps提供は羨ましい。

続きを読む

EUのバッテリーをユーザーが交換可能への義務範囲が思っていたことより広かった

ケータイ Watchで「EU、「バッテリーをユーザーが交換可能とする」ことを義務づける規則を承認」を読み進んでいたところ、ちょっとびっくりすることが書かれていました。
スマホのユーザーによるバッテリー交換ができるようにすることの話は、チラチラ見たことがありついに正式になるのかと思ったのですが、その対象範囲がかなり広いようです。
家電製品のバッテリーのバッテリーの他、電気自動車向けのバッテリー、産業用バッテリーも対象になるようです。
こうなるとデザインや設計など色々なことに影響が出てくることが予想されますね。

ahamo光でサーバー公開ができれば切り替えたのに

ケータイ Watchで「ドコモから「ahamo光」、ahamoユーザー向けで最大1Gbps/月額3630円~」との記事を見かけ最初は喜んだのですが、読み進めてドコモのサイトで確認すると、「ahamo光」はPPPoE方式での接続には対応しておらず、IPoE方式での接続のみ対応とのことです。
サーバー公開等したければ「ドコモ光 1ギガ(タイプA/タイプB/単独タイプ)」をご契約くださいとなっていました。
うまい話はなんとやらでしたな。

Pixel 7aは「劣化版Tensor G2」搭載

buzzapさんのサイトで「Pixel 7aは「劣化版Tensor G2」搭載、発熱しやすいことが明らかに」なる記事を見てショックを受けています。
Tensor2のシリコン自体は同じらしいのですが、パッケージング技術は安価な方法を取られているらしく、発熱と消費電力について不利になるらしいです。
ちょうど購入手続きを取った翌日のこの情報です。
私はスマホ購入によほど運が無いようです。

更新通知登録ボタン

blogが更新された際、登録メールアドレスへ通知します。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

ぜひご登録ください。

検索フォーム

プロフィール

hpoco

Author:hpoco
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR